編入留学のイロハ

編入留学の種類

知っておきたい編入留学の種類 海外の大学への編入留学といってもさまざまな種類があり、今現在高校の方も大学の方も、留学条件や留学にかかる費用などを比較して、メリットやデメリットを検討して決める必要があります。
高校の方が学校を卒業しての編入留学は、一般の大学同様の海外の4年制の大学に入学する方法があり、入学前の評価は高校での成績や語学力、エッセイなどが挙げられ、語学力はTOEFLなどのランクで判断されます。国によっては3年制の大学もありますが、いずれも最初の1年は大学で授業に遅れないよう基礎的な語学や知識の取得を目的とした専門コースで学習します。大学からの編入留学は今通っている大学と提携している海外の大学に編入する方法がほとんどで、期間は半年から1年くらい交換留学という形で派遣され、条件には大学での成績がある一定のレベルあることが必要で、留学先での授業単位が日本で在籍している大学の単位として考えられます。提携以外の大学への編入もありますが、この場合も一定水準の成績が必要です。

「編入留学」と「私費留学」

「編入留学」と「私費留学」 日本では海外への留学は当たり前になりつつあります。留学することで、海外で自分の学びたい学問を英語で学べる、英語力の向上、そして外国人との繋がりを得ることができます。今回は「編入留学」と「私費留学」どちらがお勧めかについてご説明します。
結論から言うと「学力」と「資金」の問題によってどちらを選んだ方がいいか変わります。編入留学は自分が行きたい海外の学校が求める学力の面において問題がなければお勧めです。日本の大学から海外への大学へ編入する際に立ちはだかるものは「英語力」です。海外の学校で問題なく英語で講義を受けることができる、教授の言っていることがわかるレベルであれば問題はないでしょう。次に私費留学ですが、英語力にはそれほど自信がなくでも留学をしたいと思っている方にとってお勧めです。お金は編入留学よりもかかってしましますが、自分が海外で英語力を伸ばしたい、何か学びたいと言う強い思いがあれば私費での留学をお勧めします。

新着情報

◎2020/12/23

編入留学の種類
の情報を更新しました。

◎2020/10/28

編入留学できる学校の探し方
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「留学 種類」
に関連するツイート
Twitter