編入留学のイロハ

海外で編入留学するメリットは?

海外で編入留学するメリットは? 編入留学とは、日本の大学で数年間勉強した後、海外大学の三年次に編入することを意味していますが、実際、編入留学することには幾つかのメリットがあると言われています。
その一つは、現地の大学に丸四年間滞在する場合と比べて、滞在費や生活費などを含む諸経費を軽減できるということです。
特に自宅から大学に通うことができる学生であれば、寮に住む際にかかるであろう費用をかなりの程度抑えることができるでしょう。
さらに、海外で編入留学する別のメリットは、選ぶ学校によっては、現地に行く前に英語力をしっかりと身に着けることができるという点です。
ネイティブの教員が行う授業によって、日本にいながらにしてあたかも留学しているかのような内容の授業を受けることができ、英語漬けとも言える語学環境で勉強することができるのです。
こうした授業により、編入留学先の英語や授業のペースに慣れていき、それほど負担を感じることなく授業についていけるようになります。

日本の大学から編入留学をすることで効率的にステータスを得られる

日本の大学から編入留学をすることで効率的にステータスを得られる 日本の大学から海外の学校へ編入留学を行うことは、十分に可能です。
元々、海外では編入が活発に行われていて、日本のように試験を行って一定の点数を取ったら合格というシステムを常に採用しているわけでもありません。
海外の大学は、日本の大学と異なって学年や通年制を採用しているわけではなくあくまでも単位や学期制を利用しています。
例えば、日本で大学に通う学生はそこで4年間通うことが普通です。
これは、4年経過しないと必要な単位を取得できないシステムを導入しているからです。
どれだけ成績が優秀な人材であっても、その期間は必ず学校で学ぶ必要があります。
一方で、海外の場合は単位制を採用しているところが多いので必要な単位を取得することができた段階で卒業できます。
つまり、編入留学をするときも期間で考慮するのではなく、取得した単位で考えていくことになります。
それを取得するためにどの程度の時間が必要なのかを考えていくため、上手く編入留学をすれば効率的にステータスを得られます。

新着情報

◎2020/10/28

編入留学できる学校の探し方
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「留学 メリット」
に関連するツイート
Twitter